助産学科

Midwifery course

新しいいのちを迎える女性と家族のよき理解者として寄り添っていける助産師へ

助産学科とは?

看護師にプラスの資格で妊娠・出産・育児を支援する専門職業人をめざす

看護師の資格を持つ人がさらに修学することで、助産に関する専門的な知識・技術を修得できる、全日制の1年コースです。1クラス(20名)のみの少人数制で、アットホームな雰囲気のなか、きめ細かく丁寧な指導を受けることができます。

本学科では、前期で助産に必要な専門的な知識や技術を学び、その後、約5カ月間でその知識、技術を活用しての臨床実習を展開します。課程修了後には、助産師国家試験受験資格及び受胎調節実地指導員申請資格を取得できます。

助産学科の特色

特色1

知識の定着をサポート

授業では、各分野の専門家による講義が行われ、高度な知識と実践的な技術を身につけていきます。
学習の定着度は、毎日実施される早朝小テストにより確認します。また、自分の弱点を学習ノートに書き留め、教員と学習ノートをやりとりするプロセスを通じて学習方法がわかり、学びを理解につなげていくなど、優れた助産師になるための充実した授業が自慢です。

特色2

医師会ならではの実習施設

地域密着型病院から、NICUを併設し高度医療を提供している病院、京都府下で唯一BFHに認定された病院など、実習施設は、医師会が運営する学校ならではの充実ぶりです。
分娩期実習は毎年12月中旬に終了しているので、2月の国家試験に向けての対策に余裕をもって取り組むことができます。もちろん実習に当たっては、ベテラン助産師が全力でサポートします。

特色3

人として成長する機会に

本校では知識や技術の習得だけでなく、社会の一員として立派な助産師になれるよう応援しています。そのためには、厳しく指導する場面もあり、目標達成に向けた強い気持ちが必要なこともあります。
厳しさの中でも一人ひとりを大切に温かく指導し、その結果、卒業してからたくさんの卒業生が助産について語りに訪れ、昨年は70名もの卒業生が顔を出してくれました。

学習内容

1年次

4月から7月までに看護研究以外の18単位480時間を学習します。助産に関する知識、技術は7月の科目試験および技術試験で確認します。手順だけではなく、臨機応変に対応できる力も合わせて確認をしますので、ここで合格すれば、臨地実習も安心です。

卒業後に役立つ独自のカリキュラムとしては、受胎調節実地指導員申請資格のほか、新生児蘇生法Bコース、母体急変時の初期対応ベーシックコースがあります。また学内では会陰縫合技術演習、超音波操作の演習のほか、アロマセラピー、ヨガ、フリースタイル分娩など、さまざまな女性のニーズに対応できる学習にも取り組みます。

1年間で30単位1005時間の学習プロセスにより、学生たちが助産師としてのスタートラインに立てるように導きます。