入試情報
各種奨学金

公的奨学金制度の案内

本校独自の奨学金制度はありませんので、奨学金を希望される方には下記の公的な奨学金制度を案内しています。

なお、いずれも予算の範囲内で貸付を行うもので、希望者全員が貸与を受けられるものではありませんのでご注意ください。

京都府看護師等修学資金

京都府が京都府内の北部及び200床未満の病院並びに診療所や介護老人保健施設、訪問看護ステーション等に従事する看護職員を確保するため、修学資金を貸与するものです。

貸与月額

私立養成施設在学生
(本校はこれに該当)
国公立等養成施設在学生
(参考)
助産師
看護師(3年課程・2年課程)
36,000円 32,000円
准看護師 21,000円 15,000円

詳細は京都府のホームページをご参照ください。

京都府看護師等修学資金貸付制度について

日本学生支援機構奨学金【助産学科、看護学科(3・2年課程)対象】

給付奨学金(返還はありません)

意欲と能力のある若者が経済的理由により進学を断念することのないよう、返還義務のない奨学金を支給することにより進学を後押しするものです。

自宅通学者は30,000円、自宅外通学者は40,000円が支給されます。

貸与奨学金(卒業後、6ヶ月目から返還義務が生じます)

  • 第一種奨学金(無利息:月30,000円と53,000円から選択)
  • 第二種奨学金(有利息:月30,000円~120,000円から選択)
  • 入学時特別増額貸与奨学金(入学時に10万円単位で一時金が別途貸与され、100,000円~500,000円から選択します)

※入学後(5月もしくは6月)に振り込まれるため、入学時納入金には充てられませんが、高等学校等にて予約採用が決定している場合は、労働金庫で【つなぎ融資(最高50万円)】を受けることができます。

募集方法

1.在学採用

入学時に募集します。第一種・第二種それぞれについて、本校からの推薦となります。

2.予約採用

高校3年生在籍時に翌年4月からの進学を前提に高等学校で申請しておくものです。入学後、本校に進学届を提出することにより、正式採用が決定されます。

※高等学校にて、予約採用候補者として決定していても、准看護科に進学した場合は貸与されません。

留意事項

  • 世帯所得に上限があります(大まかな目安は4人家族のサラリーマン世帯で年収900万円以内)。
  • 人的保証→保証人・連帯保証人(原則4親等以内親族)を確保出来る事が必須となります。
  • 機関保証→保証協会に保証を依頼し、保証料(3%前後)が奨学金から差し引かれます 。
  • 詳細は日本学生支援機構のホームページをご参照ください。

京都府高等学校等修学資金(准看護科のみ)

貸与額:
月額30,000円以内(無利息)
対象:
京都府内在住者。4人世帯で同一生計の保護者の年収が472万円以下の世帯

留意事項

  • 京都府看護師等修学資金との併用は出来ません。
  • 申請は随時受付。申請書と保護者(または配偶者等)の市町村民税通知書等の提出が必要です。
  • 入学時のみ別途「支度金」(入学時一時金)の制度も利用出来ます(年収150万円以下)。
  • 年収472万円以上800万円以下なら金融機関の融資の利子補給制度を利用できます。
  • 生活保護基準の1.8倍以内の所得水準世帯には、修学資金給付までのつなぎ資金制度も利用出来ます。

その他の奨学金

他県看護職員修学資金
→卒業後、当該県の医療機関に就職希望の者。都道府県によって取扱いが若干異なります。
国の教育ローン
→日本政策金融公庫が取扱いとなっています。
病院奨学金
→各病院・医療機関により条件が異なりますので、ご自身にてお問い合わせ下さい。