トップページへ 〒607-8169
京都府京都市山科区椥辻西浦町1-13
075(502)9500(代)
  サイトマップ よくある質問 地図 プライバシー・ポリシー お問い合わせ
学校案内 各課紹介 3年課程カリキュラム キャンパスライフ 図書室 Link
助産学科及び看護学科2年課程が専門実践教育訓練給付制度の講座として指定を受けました
情報公開
自己点検・自己評価
募集要項はこちら
資料請求はこちら
オープンキャンパス
卒業生・在校生メッセージ
授業の紹介
学校の取り組み
奨学金を希望される方へ
このページをご覧になるためには、
Flash playerが必要です。
PDFをご覧になるためには、
Adobe Readerが必要です。

2017年 4月

◆3年課程 1年生
  一泊研修

一泊研修に行ってきました。
嵐山を散策したあとには、日頃の生活とは離れたお寺の中で一泊二日を過ごしました。
規則正しい生活を送り、自分の内面と向き合うことで、日常の当たり前の生活に感謝の気持ちを持つことができた上、これから看護師を目指す人材としての成長をそれぞれが決意をすることができた研修となりました。 また、グループワークでは学びを共有し、これからともに学ぶ者同士の仲間を大切にして協力していこうということも話し合えました。
4月に入学してから看護師としての道に入り、研修を終えてからも日々成長しています。

◆2年課程
 「臨床看護の実際」学内演習
 (2人の患者さんを受け持ち複数課題に挑戦)

情報収集のPointは、事前学習ですが・・患者さんの病態や症状は勿論のこと、その「レベル」をしっかり査定した上で必要な情報収集をすること!
今日、この日のことだけでなく過去、現在、未来の視点で健康問題がどのように変容するのかをアセスメントすることが大切ですね!

つまり・・・健康問題#のこと度外視して、カルテに記載してある情報のみ無言・・必死で情報収集していました。
それってナンセンスですね。しかも、今日のイベント(検査やリハビリ)にだけ着目していました。これまた、ナンセンスですね。
いつも病態や病期のことはあたまにあるのですが・・・
例えば、具体的に血圧が高い原因は何であるか?
その高い血圧は何によってコントロールされているか?
今現在はどんな段階で、今日のイベントにどう影響するのかの「何」「どう」を説明できるようにならないと看護援助には繋がらないということですね。次は頑張ります!!

カルテの情報収集は熱計表や看護記録を照らし合わせて、経時的に読み取ること!血圧や呼吸、脈拍、体温、SpO2値を「推移」として読み取る訓練をしてね!必ずアセスメントする力がつくはず!つくはず!いや・・・つくに決まっている!

この時、薬剤使用状況や、その効果・副作用といった患者さんの反応は看護記録に記載されている・・成程!
客観的データ値と患者さんの反応は照らし合わせをして
アセスメントをすれば、それに見合う看護援助が見いだせる・・・。うぉ〜・・・1年生の時の基礎看護学実習でも、そう思っていたはずなのにぃ〜。忘れる能力が高すぎました。
反省ですっ。次は頑張ります!!

教員Kです

スマホの画面をタッチするのと同じくらい、その指でテキストや レビューブックを開きましょう!!

教員Yです

複数の患者様を受け持つ場合、先ずしなければならないことは患者情報を確実に収集し優先順位を瞬時に把握し行動する事です。演習でできましたか?患者様の情報を誤って違うコミュニケーションすることは患者様に不信感を与えるだけでなく、時には大きな医療事故に繋がることを忘れないで下さい。観察の目は患者様の命にかかわることも忘れないで!がんばって!

教員Iです

観察はその日の状態だけの観察をするのではないです。患者さんが2人、 またそれ以上になればそれぞれの患者さんの問題点を合わせて見た時、生命や生活に危険や支障があることは、誰の何をわかっていないと、咄嗟のアクシデントに対応した観察もできません。またなぜ今この観察が必要なのかアセスメントし根拠を持って観察するのが看護師ではないですか?何でもかんでも数値測定を先にするのは「・・・・・・・」だと思います。

教員Yです

ポイントをつかんで時間を使ってください。臨地ではもっといろんなことが起きると思います。落ち着いて患者さんに安心させられるような看護ができるようになってください。そうなるには、今のみんなには広い視野と観察力が必要です。がんばれ!!

教員Nです

基礎知識と思いやりの心をもって患者さんと接しましょう。
色んな方向へアンテナを張り巡らせておいてくださいね。
そして、必要な情報を関連させて、考えましょう。

教員Zです

優先順位を決定する際は「誰」が主語になっているかを考えて、そこを決定してから判断するべしっ!何かを判断する時には材料が必要です。それは、「何時」の「何」を「どのような視点」で集めるのか?事前準備の段階で、どこまで学習していたかを今一度見直してください。みなさんの学習ペースは質・量共に現在のままでよいでしょうか?自問自答して下さい。

◆准看護科
  実習前演習

二年生はいよいよ5月から、本格的に臨地実習がはじまります。
より充実した学びとするために学内での演習を行いました。
臨床で働いている卒業生に患者役をお願いし、より リアルにイメージしながら援助を実践しました。

◆准看護科
  新入生歓迎会

本年度も新入生(109回生)を迎え、楽しく交流を図りました。これから始まる看護学生としての生活を充実したものにしていきましょう!

◆2年課程
  指月林1日研修

◆2年課程
  新入生歓迎会

◆入学おめでとうございます!
214名の新入生が入学!

桜の花も咲き始め、天候にも恵まれた春爛漫の4月4日(火)、本校体育ホールにおいて平成29年度入学式を挙行しました。
本年度から准看護科が1クラス減となり、看護学科3年課程90名、同2年課程58名、准看護科46名、助産学科20名、合計214名の新入生が入学しました。

*緊張の面持ちの中、入学式の開式です*

*森校長 式辞*

*本校コーラス隊と一緒に校歌斉唱*

このページトップへ
トップページへ

Copyright(c)京都府医師会看護専門学校 All Rights Reserved.